誰でも自分が薄毛かもしれないと思ったらストレスでそこからまた悪化していきます。特に男性は薄毛の悩みが多いですよね。そんな男性の薄毛の悩みを解決するのがフィナステリドです。フィナステリドを主成分とした薬を使って薄毛を改善してみましょう。女性用の薄毛対策も紹介するので、是非確認してみてください。

フィナステリドの効果が出始めるのはいつごろ?

プロペシアをはじめとするフィナステリドを主成分とした内服薬で、薄毛治療を行う場合どのくらい服用すれば、効果を実感できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
髪の生え方には個人差があると分かってはいても、いつ頃になると薄毛が気にならなくなるのか平均的な期間を知っておけば、治療も余裕を持って続けられます。

フィナステリド配合の内服薬で治療を開始した場合、服用し始めて約3ヶ月程度の時期だと、周囲の人だけでなく自分でも「まだまだ効果は出ていない」と実感するケースが多いようです。
ですが、全く効果が出ていないという訳ではありません。
治療を始めて約3ヶ月目くらいの場合、抜け毛が減った・産毛が増えたといった違いが見えてきます。
しかし満足の行く効果かどうかと言われれば、この時点ではまだ十分な満足は得られないでしょう。

治療を始めてから約6ヶ月目あたりになると、自分では違いが分かるようになります。
産毛が太く長く成長してきた、髪が薄かった所が目立たなくなってくるのがこの時期です。
自分だけでなく家族や親しい友人など、日頃よく顔を合わせる人であれば「髪の毛が増えた」という感想を持ってくれるでしょう。

そして服用開始から約1年も経つと明らかに頭皮の状態は変わっています。
後退していた生え際が前進してきた、明らかに抜け毛が減った、髪のボリューム感がアップしたと感じるようになります。
この時期になると美容師さんや理容師さんなど、普段あまり合う機会は無いけれど髪に触れる機会がある人も、髪の違いを感じるようになるようです。

このようにフィナステリドを主成分とした内服薬で薄毛治療を行った場合、段階的に徐々に髪が増えて行く仕組みとなっています。
効果を実感できるようになるまでの期間には個人差があるものの、多くの方は治療を開始してから半年程度すると「髪が増えた」と思えるようになるでしょう。
効果が出始める半年程度は、服用を続ける事をおすすめします。

フィナステリドは服用を辞めるとすぐに効果が薄れるか

プロペシアのようなフィナステリドを主成分とした内服薬は服用を止めてもすぐにその効果が薄れると言う事はありません。
服用を始めて数ヶ月はなかなかその効き目があらわれないように、服用を止めてもその効果が急激に薄れてしまうと言う事は無いのです。
ではいつ頃の時期に効果が薄れていくかといえば、服用を止めてから数ヶ月程度で効果がなくなると考えられます。

フィナステリドのような内服薬は体に吸収され毛髪に対して効果が現れるまで1数カ月かかりますが、これは直接的に頭皮や毛髪に採用をしているからではなく、頭皮や毛髪を活性化させる細胞の機能に対して作業をしているためで、毛髪が生えやすい環境を整えるための効果となっています。
そのためこれらの環境を整えるのに3ヶ月から6カ月程度かかると言うことになるため、副業を辞めたからといって突然その効果が薄れてしまうと言う事はありません。

しかし、毛髪が生える環境を維持するためにはフィナステリドは重要な成分であり、服用を止めると徐々に毛髪が入りやすい環境が失われてしまうことになります。
そのため徐々にその効果が薄れてしまうことになるので、服用を続けることでその環境を維持し、より効果的なものとする必要があるのです。

一般的な内服薬はどれも同じですが、症状が改善されたからといってそこで服用を辞めてしまうと徐々に状態が悪化してしまうことが少なくありません。
また場合によっては途中で辞めてしまうことでせっかく長期間かけて整えた環境を悪化させてしまうとともに、その薬に対して抵抗ができてしまい次に服用した際に効き目が現れないと言う問題を発生することもあります。
フィナステリドの服用を止めてもすぐに効果が薄れる事はありませんが徐々に状態を悪くしてしまう可能性が高いため、医師の指示があるまでは服用を止めないことが必要です。

フィンペシアとエフペシアの違い

目次1 フィンペシアとエフペシアには副作用もあるので注意 フィンペシアとエフペシアは似たような名前をしており、効果も同じということで一定の評価を得ている医薬品です。 ...

プロペシアジェネリックの「フィンペシア」の薬価

目次1 フィンペシアの購入は通販がおすすめな理由 ...

フィナステリドはM字ハゲにも効果があるか

目次1 男性型脱毛症とその他の薄毛の違いと見極め方 フィナステリドはアメリカで開発された抗アンドロゲン薬で、まずは1992年に前立腺肥大症の治療薬として5mg錠で認可されています。 ...