誰でも自分が薄毛かもしれないと思ったらストレスでそこからまた悪化していきます。特に男性は薄毛の悩みが多いですよね。そんな男性の薄毛の悩みを解決するのがフィナステリドです。フィナステリドを主成分とした薬を使って薄毛を改善してみましょう。女性用の薄毛対策も紹介するので、是非確認してみてください。

フィンペシアとエフペシアの違い

フィンペシアとエフペシアは似たような名前をしており、効果も同じということで一定の評価を得ている医薬品です。
双方ともインドのジェネリック製薬会社によって開発されたプロペシアの後発医薬品です。
有効成分や含有量が同じなので効果も同じになります。
価格は輸入代行会社によって違いますが、同じルートで入手すれば同じ価格になります。
これだけの共通点があるにも関わらず、同じような医薬品が存在しているのには訳があります。

フィンペシアもエフペシアもプロペシアのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は形状・色・味・添加物以外は変えてはならないというルールがあります。
従って効果や安全性については全く同じでなければならないという訳です。
しかしながら同じメーカーが同じ医薬品を2種類も販売しているのには特殊な事情があります。

元々はプロペシアのジェネリック医薬品はフィンペシアだけしかありませんでした。
フィンペシアには黄色の着色料でコーティングが施されていましたが、その着色料がキノイエローというタール色素でした。
キノイエローには発がん性物質が含まれているというネガティブな噂が広がり、風評被害を避けるためにキノイエローを使わないジェネリック医薬品エフペシアが開発されました。
その後もキノイエローによるコーティングが無くなった、白いフィンペシアも発売されたことによって2種類のジェネリック医薬品が出揃うことになりました。
フィンペシアもエフペシアも日本では医薬品として認められていませんので、入手するには個人輸入することになります。
あくまでも個人輸入は自己責任において行われるので、偽物のリスクがあったり体質や症状に合っていない可能性もあります。
なるべく信頼できる機関や専門家の助言を受けることが望ましいことです。
フィンペシアもエフペシアも強い成分を配合しているからこそ、副作用もあるので使用に関しては十分な注意が必要となります。

フィンペシアとエフペシアには副作用もあるので注意

フィンペシアもエフペシアもプロペシアより価格が安いため、日本でも使用している人が増えています。
しかしフィンペシアとエフペシアにも医薬品としての副作用があります。
日本では未認可の医薬品なので、日本国内において正確な副作用の情報を得ることは難しい問題です。
必然的に情報はインターネットを通じて入手することになりますが、インターネット上の情報は正確ではなかったり偏りがあったりもします。

実はフィンペシアもエフペシアも重大な副作用があることが判明しています。
たとえば妊娠中の胎児の生殖器に異常を引き起こすことがあります。
従って妊娠中またはその可能性がある女性は絶対に使用してはいけませんし、成分に触れることもいけません。
錠剤はコーティングされているので通常時は心配ありませんが、何らかの原因で潰れてしまったら成分に触れてしまうこともあります。
もしも妊娠中の女性が成分に触れてしまったら、すぐに医師の相談を受けましょう。
また服用中は献血を行うことはできません。
他の人に健康被害を出さないように気を付ける必要があります。

その他の副作用としては肝機能障害や勃起不全や性欲の減退などが報告されています。
そして未認可の医薬品であるというリスクも忘れてはいけません。
認可されている医薬品は厚生労働省の監督下におかれ、国内で正規の手順を経た検査が行われています。
使用している患者や健康な人を対象としてチェックされ、効果や安全性の確認が行われています。
しかしフィンペシアもエフペシアも、そのような手続きは一切行われていません。
従って未認可の医薬品であるフィンペシアとエフペシアを使用する際は、大きなリスクを抱えていることを自覚しておきましょう。

フィンペシアとエフペシアの違い

目次1 フィンペシアとエフペシアには副作用もあるので注意 フィンペシアとエフペシアは似たような名前をしており、効果も同じということで一定の評価を得ている医薬品です。 ...

プロペシアジェネリックの「フィンペシア」の薬価

目次1 フィンペシアの購入は通販がおすすめな理由 ...

フィナステリドはM字ハゲにも効果があるか

目次1 男性型脱毛症とその他の薄毛の違いと見極め方 フィナステリドはアメリカで開発された抗アンドロゲン薬で、まずは1992年に前立腺肥大症の治療薬として5mg錠で認可されています。 ...